<< 2022年1月 | 2022年2月 | 2022年3月 >> ブログ2022年2月
2022年2月(令和4年)
2022年2月(archive)
紅梅、白梅、シナマンサクなどの花が咲き出す …… 2022.2.3

寒さが続き、人出が少ない小石川植物園の園内を時々散策しています。立春の頃になると、園内は少しにぎやかになってきます。大樹・高木の落葉樹の木々は依然として冬木立のままですが、少しずつ咲き始めた紅梅、白梅、シナマンサク、ツバキなどの花が目立つようになってきました。

いよいよ春の始動、2月の小石川植物園の風景 …… 2022.2.1
2022年の正月もあっという間に過ぎ、立春の2月を迎えました。暦の上では初春になりますが、まだまだ寒い日も多いこの頃です。さらに、新型コロナのオミクロン株による感染者が急増して第6波に突入しています。従来のコロナ株に比べ重症化する人の割合が少ないとはいうものの、油断禁物です。
 さて、春が始動する2月の小石川植物園の様子を取りまとめてみます。……

 
    
 小石川植物園の2月の風景
 小石川植物園では2月に入ると、梅林が賑やかになってきます。紅梅、白梅の花が咲き始め、メジロなどの小鳥も誘われるかのように集まってきます。ウメの花以外にも、カンザクラ、ツバキ等の木々の花や、春の妖精といわれるユキワリイチゲ、アマナ、フクジュソウなどの春の野の花も咲き出し、園内の散策も楽しみが増えてきます。
(木々の花)

立春が過ぎると、春の息吹を随所で実感できます。園内の梅林には数多くのウメの木が植えられていますが、2月から3月にかけて早春の青空の下、次々と紅梅・白梅が咲き出してきます。2003.2

梅百科

白梅の芳流閣。梅の花が咲くと、早速小鳥が集まってきて、花や蜜をついばんでいます。この小鳥は目の周りの色が白く、メジロです。2008.2

紅梅の五節の舞。小鳥が花や蜜に集まってきます。小鳥の色がうぐいす色なので、当初ウグイス(鶯)かと思いましたが、調べてみると目の周りが白いメジロでした。2004.2

園内にはツバキ園もあります。ツバキ(椿)もいろんな品種があって、この鮮やかな赤い色のツバキ(左)には柊葉椿(ヒイラギバツバキ)の品種名が付いています。2011.2

ツバキの仲間

園内の古井戸の近くにはカンザクラの高木があります。早春の頃に咲くのであまり人が集まりませんが、濃い目のしっかりとした花を咲かせ、青空によく映える。暖地の庭木に多く用いられる。

年明けに咲き始めるシナマンサク(支那満作;マンサク科マンサク属)の花が満開です。無数のふわふわした黄色の花びらが青空に伸び伸びと広がっています。満開の花は花びらの数も多く力強い感じがします。マンサクという名は、春にまず咲くことに由来します。2013.2

(春の野の花)

ユキワリイチゲ(雪割一華;キンポウゲ科イチリンソウ属)。群生するユキワリイチゲが小さな白い花を咲かせています。本州中部以西の暖かい地域の林内に生える多年草。スプリング・エフェメラルの仲間。2010.2

アマナ(甘菜;ユリ科アマナ属)の花を道ばたの草むらで見つけました。まるで小さなチューリップのようです。東北地方南部から九州、奄美大島に分布する多年草。スプリング・エフェメラルの仲間。2016.2

フクジュソウ(福寿草;キンポウゲ科フクジュソウ属)。まばゆい黄金色に春の喜びを感じます。北海道から九州にかけて分布し山林に生育する多年草。スプリング・エフェメラルの仲間。2004.2

春の七草の一つハコベ(繁縷;ナデシコ科ハコベ属)の小さな花が咲き出してきました。島崎藤村の千曲川旅情の詩に「小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ 緑なすはこべは萌えず ……」 とハコベが登場します。全国の路傍や田畑にごく普通にみられる一年草/越年草。2016.2
四季の植物 より
  2月セレクション 梅百科 ツバキの仲間 春の妖精たち
 (フォトギャラリー)2月の風景 梅林の風景 春の野の花 春の妖精たち
過去の2月の風景(季節のスケッチ)
 2021.2 2月の植物園(ウメ、ユキワリイチゲ、温室など) 
 2020.2 2月の植物園(ウメ、ユキワリイチゲなど)
 2019.2 2月の植物園(梅林、春の妖精など)
  秩 父 秩父紅@皆野町  セツブンソウ@両神地域
 2018.2 2月の植物園(雪景色、梅)
  皇居東御苑 皇居東御苑(梅、ツバキ) 神田明神
 2017.2 2月の植物園(梅)
 2016.2 2月の植物園(梅、アマナ)
 2015.2 2月の植物園
 2014.2 2月の植物園、積雪
 2013.2 2月の植物園、つくば植物園
      …… フォトギャラリー
    
 2月上旬の小石川植物園
2022年2月(archive)
(立春の頃の風景)
2月に入ると、日本庭園に隣接する梅林にチラホラと梅の花が咲き始めます(左)。巨木並木(左2)、中島池(左3)、ヤナギ池(右)の風景はまだ新年と変わらない様子です。
(木々の花)
中国原産の落葉小高木シナマンサク(支那満作;マンサク科マンサク属)。ふわふわした黄色のリボン状の4弁花が青空に広がります。 カンザクラ(寒桜)。古井戸近くで咲き始めました。日本のサクラの基本野生種の一つ。バラ科サクラ属サクラ亜属カンヒザクラ群。 中国原産の落葉低木ロウバイ(蝋梅;ロウバイ科ロウバイ属)。新年に芳香を放つ蝋細工のような黄金色の花を咲かせる。 中国原産の落葉低木ソシンロウバイ(素心蝋梅;ロウバイ科ロウバイ属)。中央部も色の変化のない花全体が透き通っています。
梅林には多くの品種のウメ(梅;バラ科サクラ属スモモ亜属)の木が植えられていて、1月後半から少しずつにぎやかになってきます。左から五節の舞(ごせちのまい)、長寿(ちょうじゅ)、緋の司(ひのつかさ)、未開紅(みかいこう)。
わが国のツバキの原種のヤブツバキ(藪椿;ツバキ科ツバキ属)。本州、四国、九州、南西諸島に分布する常緑高木。単にツバキともいう。 ツバキには多くの品種があります。この品種は角葉珍山(かくばちんざん)。 中国、ベトナム原産のツバキのカメリア・ドルピヘラ(ツバキ科ツバキ属。和名は油椿)。常緑低木。12月~2月に白い花が咲く。 本州以南に分布する落葉高木イロハモミジ(ムクロジ科カエデ属)。翼果が木枝に残っています。秋の紅葉の代表格ですが、春の緑葉も美しい。
(温室の植物)
シロバナソシンカ(白花蘇芯花)。奄美大島、沖縄に分布する落葉高木ソシンカ(蘇芯花;マメ科ジャケツイバラ亜科ハカマカズラ属)の白花のもの。 キンカチャ(金花茶;ツバキ科ツバキ属)。中国とベトナム原産の常緑低木。珍しい黄色の花を咲かせるツバキ。 ムニンツツジ(無人躑躅;ツツジ亜属)。日本固有種で父島の小笠原国立公園内の山間部に生育している。絶滅危惧ⅠA類。 アガペテス・ブルマニカ(ツツジ科アガペテス属)。ミャンマー原産の常緑低木。可愛らしい筒状の小さな花が葉柄から多数垂れ下がっています。
小笠原諸島に分布するタチテンノウメ(立天の梅;バラ科テンノウメ属)。やはり小笠原諸島に生えるシラゲテンノウメと同種との見方あり。 ヤエヤマヒサカキ(八重山姫榊;モッコク科ヒサカキ属)。石垣島や西表島などの八重山山諸島固有の常緑低木。葉腋に白い小さな花が多数ついています。 南米原産の常緑低木ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉;ナス科バンマツリ属)。芳香がある紫色や白色の花が入り混じって咲く。 亜熱帯地域の渓流沿いなどに生育するつる性木本植物のサクララン(桜蘭、別名:ホヤ)。キョウチクトウ科サクララン属)。このホヤにはHoya gigas の名がつく。
2022年2月(archive)

 << 2022年1月 | 2022年2月 | 2022年3月 >> ブログ2022年2月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可