<< 2021年7月 | 2021年8月 > 小笠原の植物 | 2021年9月 >> ブログ2021年8月
2021年8月(令和3年)
夏空が戻った小石川植物園の深緑の風景 …… 2021年8月22日
 五輪閉幕後、日本上空に線状降水帯が発生し、各地に豪雨災害をもたらしました。さらに、コロナウィルスのデルタ株による感染が急拡大し、これも災害級の事態と喧伝されており、大変な8月となっています。
 さて、8月下旬になってようやく夏空が戻り、久しぶりに深緑に覆われた小石川植物園を回ってきました。……
関連写真
猛暑下の8月、熱戦の東京五輪とコロナ禍の不安 …… 2021年8月1日

 猛暑下の8月です。先月下旬から始まった東京五輪では、連日熱戦が繰り広げられています。早くも日本チームの金メダル獲得数が過去最高とのこと。やはり若い選手たちの活躍は素晴らしいですね。コロナ禍の不安が広がる私たちに勇気と希望を与えてくれます。大会の無事終了と早期のコロナ終息を願っています。
本土から遠く離れ、独自の生態系をもつ小笠原の植物 …… 2021年8月1日

 先月の沖縄特集に続き、今月は独自の生態系をもつ小笠原特集です。本土から遠く離れた父島、母島などの小笠原諸島はまだ訪れたことがありませんので、今回は主に小石川植物園の温室内の小笠原の植物をまとめてみました。
 ……
関連ページ
 
 
    
 8月の風景
旧東京医学校&サルスベリの花。2010.8 炎天下で咲き続ける夏の花木サルスベリ。2010.8 北米原産の多年草キクイモの鮮やかな黄色の花。2012.8 深緑に覆われた巨木のユリノキの夏木立。2012.8
過去の8月の風景
 2020.8 8月の小石川植物園(入園再開後の深緑風景)
 2019.8
  8月植物園 8月の小石川植物園(これまでのまとめ)
  塩原ゆりパーク ハンターマウンテン塩原ゆりパーク
 2018.8 植物園周辺の風景
  南東北 天元台高原、裏磐梯高原、三ノ倉高原、山形
 2017.8+山形 8月の植物園(夏木立)、山形(大ケヤキなど)
 2016.8+山形 8月の植物園(夏木立、サルスベリ)、山形(田んぼアート、最上川)
 2015.8 8月の植物園(夏木立、夏の花)
 2014.8+山形 夏の山形(東根)
 2013.8+会津 8月の植物園、鶴ヶ城、野口英世記念館@会津
 2012.8+山形 8月の植物園、上野不忍池、山形の夏祭り、最上川など
  蓼科・霧ヶ峰 蓼科女神湖、霧ヶ峰高原八島湿原、平山郁夫美術館
      …… フォトギャラリー
    
 8月下旬の小石川植物園
久しぶり訪れた植物園は全体的に深緑に覆われていました。桜の木の下では落葉がチラホラと見えるようになっています(左1、2)。巨木並木(右2)やメタセコイア林(右1)は盛夏の佇まいです。
日本庭園の池の周りにサルスベリ(百日紅;ミソハギ科サルスベリ属)の真紅や薄紫色の花が咲いています。サルスベリは花期が長く、炎暑下の強い日差しの中で咲き続けます。 落葉低木ハマナツメ(クロウメモドキ科ハマナツメ属)。淡緑色の小さな花が咲いています。
北海道~沖縄に分布する落葉小高木のクサギ(臭木;シソ科クサギ属)。白い花が咲いていました。秋になると、ピンク色の星形のガクの中心に紺色の種子が付くようになる。葉に悪臭があることから和名が由来。 日当たりの良い草地に生える多年草オミナエシ(女郎花;スイカズラ科オミナエシ属)。秋の七草の一つ。 北海道~九州の日当たりの良い草原に生える多年草ワレモコウ(吾亦紅;バラ科ワレモコウ属)。
タヌキノカミソリ(狸の剃刀;ヒガンバナ科ヒガンバナ属)。中国原産の球根植物。同属のナツズイセンキツネノカミソリと同様、春に葉が出て夏には枯れ、その後花茎だけが直立するようになる。花の形はキツネノカミソリとよく似るが、花の色が異なる。 キツネノカミソリ(狐の剃刀;ヒガンバナ科ヒガンバナ属)。林床や林縁などに自生する球根植物。 シナノアキギリ(信濃秋桐;シソ科アキギリ属)。長野県松原湖周辺と群馬県の一部でのみ自生する多年草。
ゲンノショウコ(現の証拠;フウロソウ科フウロソウ属)。日本原産で全国の山野や草地に自生する多年草。 中国原産の多年草シュウカイドウ(秋海棠;シュウカイドウ科シュウカイドウ属)。 ハナシュクシャ(花縮紗;ショウガ科シュクシャ属)。インド、マレー半島原産の常緑多年草。 センニンソウ(仙人草キンポウゲ科センニンソウ属)。北海道~沖縄に広く分布するつる性木質の多年草。
木の実も見かけるようになりました。これはボダイジュ(菩提樹;アオイ科シナノキ属)。中国原産の落葉高木。この実は菩提子といい、数珠をつくる。 関東~沖縄に自生する落葉小高木マルバチシャノキ(丸葉萵苣の木;ムラサキ科チシャノキ属)。多くの黄色の実が塊状になって付いています。 北米原産の落葉高木ハナキササゲ(花木大角豆;ノウゼンカズラ科キササゲ属)。細長いササゲ(大角豆)に似た実がついています。 中国原産の落葉高木エンジュ(槐;マメ科マメ亜科エンジュ属)。ササゲのような細長い果実が多数枝先から垂れ下がっています。
わが家のテラスから見た小石川植物園の風景。ようやく晴れ上がった夏空が見られるようになりました。 わが家の庭ではサルスベリ(百日紅;ミソハギ科サルスベリ属)の花やハイビスカス(アオイ科フヨウ属)の花が色鮮やかに咲いています。

 << 2021年7月 | 2021年8月 > 小笠原の植物 | 2021年9月 >> ブログ2021年8月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可