<< 2021年10月 | 2021年11月 | 2021年12月 >> ブログ2021年11月
2021年11月(令和3年)
2021年11月 (archive)
丸の内行幸通り周辺の散策 …… 2021年11月15日
丸の内の行幸通り周辺のイチョウ(銀杏)の木々がそろそろ見頃と聞き、急ぎ和田倉門噴水公園、皇居外苑などを回ってきました。好天にも恵まれ、心地よい散歩になりました。
 ……
関連写真
木々が色づく小石川植物園で秋の森林浴を楽しむ …… 2021年11月12日
11月に入り、青空が広がるさわやかな好天気が続いています。朝夕の冷え込みもあって、都心の小石川植物園でも木々の色づきが確実に進んでおり、園内の落葉を踏みながら秋の森林浴を楽しんでいます。
 ……
関連写真
わが国は安定政権の継続、小石川植物園の晩秋の風景 …… 2021年11月1日
10/31に総選挙が行われ、その結果国民生活を守り、日本を守る自公安定政権が継続することになりました。ウィズコロナの状況下における新たな日本再生の取り組みが着実に進展していくことを願っています。
 さて、小石川植物園の晩秋の風景です。 >> 続き
 
 
    
 小石川植物園の11月の風景
 11月に入ると、各地から紅葉のたよりが聞こえてきますが、東京の平地では11月後半から12月にかけて鮮やかな木々の紅葉・黄葉を楽しむことができます。四季の植物11月セレクションに小石川植物園の11月の風景が収録されていますが、その中から木々の紅葉・黄葉、色づく木の実、季節の野の花など目につくものをいくつか紹介します。
(木々の紅葉・黄葉)

アメリカスズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属)。黄色、橙色、褐色と色とりどりに染まっていて空中を舞っているようです。北米原産の落葉広葉樹。2012.11

小振りなシダレザクラ(枝垂れ桜;バラ科サクラ属)の黄葉です。まるで黄金色の衣を纏っているかように幻想的な風景でした。2014.11
(木々の花・木の実)

三浦半島や伊豆大島などに自生する常緑高木のシロヤブツバキ(白藪椿;ツバキ科ツバキ属)。わが国のツバキの原種のヤブツバキの白花種。2019.11

赤い実を付けたコトネアスター(バラ科コトネアスター属)の一種。6月頃に白い花が咲いていました。常緑低木。2017.11
(秋の野の花)

チョクザキヨメナ(猪口咲き嫁菜;キク科シオン属)。舌状花が円筒状の特徴的な形状をしています。オビトケコンギク(帯解紺菊)の別名があります。本州から四国・九州の平地にかけてふつうに見られる。ノコンギクの変種と言われる。2019.11

リンドウ(竜胆;リンドウ科リンドウ属)の青紫色の花。リンドウの根を乾燥させて生薬の竜胆(りゅうたん)が出来ます。本州から四国・九州の湿った野山に自生する多年草。2006.11
過去の11月の風景(季節のスケッチ)
 2020.11 11月の小石川植物園(巨木の黄葉、色づく木の実など)
 2019.11 11月の植物園(新温室、コダチダリアなど)
  皇居東御苑 二の丸庭園・雑木林、江戸城石垣
  富士五湖・三保 富士五湖 三保松原
 2018.11 11月の植物園(深まる木々の紅葉・黄葉)
  上 州 伊香保温泉、榛名湖、榛名神社
 2017.11 11月の植物園
  新宿御苑 御苑の紅葉・黄葉
 2016.11 11月の植物園(紅葉・黄葉)
  山 形 山形の紅葉(東根・天童)
 2015.11 11月の植物園
  松 島 松島の秋風景(円通院など)
 2014.11+山形 11月の植物園、山形(霞城公園)
  皇居東御苑 秋の皇居東御苑
 2013.11+山形 11月の植物園、山形(山寺、天童)、都心(和田倉門、本郷)の紅葉
 2012.11+山形 11月の植物園、錦秋模様の山形(東根)
  山 梨 紅葉の河口湖(富士山)、昇仙峡、武田神社
      …… フォトギャラリー
 
    
 紅葉・黄葉が進む11月中旬の小石川植物園
 (11/10~11/12)
11月中旬の小石川植物園の風景です。木々の紅葉・黄葉が確実に進んでいます。 イチョウ(右)&ウルムス・プロセア(左)の大樹。徐々に色づいてきました。 ソメイヨシノの桜並木の風景。落葉した木の下で仲間内で楽しんでいます。 ラクウショウ(落羽松)の大樹。青空の下、褐色の紅葉が輝いています。
(紅葉・黄葉、木の実など)
北米原産の落葉広葉樹アメリカスズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属)。大樹全体が色とりどりに染まり、紅葉のパッチワークのような眺めです。 中国・台湾原産の落葉高木ナンキンハゼ(南京櫨;トウダイグサ科ナンキンハゼ属)。風が吹くと樹上の紅葉が青空にキラキラと輝きます。
落葉高木トチノキ(栃の木;ムクロジ科トチノキ属)。日本原産で東日本を中心に分布し、特に東北地方に多く見られる。 日本固有種の落葉高木ハナノキ(花の木;ムクロジ科カエデ属)。長野、岐阜、愛知の県境地域にのみ生える。絶滅危惧Ⅱ類。
ミズメ(水目;カバノキ科カバノキ属)。岩手県以南~四国、九州に分布し、山地に生える落葉高木。樹皮や材観がサクラに似ていることから、ミズメザクラ(水目桜)とも呼ばれる。アズサ(梓)の別名もあり。 北米中部原産の落葉高木ユリノキ(百合の木;モクレン科ユリノキ属)。 中国中南部などに自生する落葉高木シナユリノキ(支那百合の木;モクレン科ユリノキ属)。
ソメイヨシノ(染井吉野;バラ科サクラ属サクラ亜属)。わずかに葉が木枝に残っています。 日本各地に分布する落葉小高木アンズ(杏;バラ科サクラ属スモモ亜属)。 中国原産の落葉小高木シナマンサク(支那満作;マンサク科マンサク属)。 中国地方から四国、九州に分布する落葉小高木アテツマンサク(阿哲満作;マンサク科マンサク属)。
アサダ(カバノキ科アサダ属)。北海道中南部から九州の南部辺りまでの地域に生育する落葉高木。 各地の森林や里山に自生する落葉高木イタヤカエデ(板屋楓;ムクロジ科カエデ属)。 カツラ(桂;カツラ科カツラ属)。日本各地、中国、朝鮮半島に分布する落葉高木。 北米原産の落葉高木ハナミズキ(花水木;ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属)。
ケヤキ(欅;ニレ科ケヤキ属)。北海道~九州の山地や丘陵に自生する落葉高木。 岩手県・山形県以南の各地に広く分布する落葉高木クヌギ(ブナ科コナラ属)。 ホオノキ(朴木;モクレン科モクレン属)。北海道から九州まで分布する落葉高木。 ムクロジ(無患子;ムクロジ科ムクロジ属)。新潟県・茨城県以西~四国、九州に分布し、山地に自生する落葉高木。
北アメリカの東部から南東部に広く分布する落葉高木ヌマミズキ(沼水木;ヌマミズキ科ヌマミズキ属)。 カキノキ(柿の木;カキノキ科カキノキ属)。東アジア固有種の落葉小高木。 ハゼノキ(櫨の木;ウルシ科ウルシ属)。関東以西~四国、九州・沖縄、小笠原諸島に自生する落葉小高木。 オオカナメモチ(大要黐;バラ科カナメモチ属)&ピラカンサ(バラ科トキワサンザシ属 or ピラカンサ属)。
中国原産の落葉高木カリン(花梨;バラ科カリン属)。多数の大きな果実が木枝に残っています。 落葉樹ヒメザクロ(姫石榴;ミソハギ科ザクロ属)。ザクロの栽培品種。果実が裂けてきました。 本州~九州の山地に分布する常緑低木ウチダシミヤマシキミ(打出し深山樒;ミカン科ミヤマシキミ属)。葉の裏側に葉脈がくっきりと打ち出る。開花時期は4月~5月頃。晩秋~冬に熟した赤い実(球形の核果)がつく。
常緑高木シラカシ(白樫;ブナ科コナラ属)のドングリ(木の実)が木の下の路上にザクザクと落ちています。 つる性の多年草カラスウリ(烏瓜;ウリ科カラスウリ属)の朱色の小さな実が絡んだ木枝に残っています。 フェンスに絡みつくツルギキョウ(蔓桔梗;キキョウ科ツルギキョウ属)。関東地方以西の丘陵地に生えるつる性の多年草。紫色の熟した実(液果)がついています。この中に小さな粒々の種子が多数詰まっている。絶滅危惧ll類。
 (11/17~11/19)
(紅葉・黄葉)
シナユリノキ(モクレン科ユリノキ属)。中国中南部からベトナム高地に自生する落葉高木。街路樹、庭木、公園樹などに利用される。 モミジバスズカケノキ(紅葉鈴懸の木;スズカケノキ科スズカケノキ属)。スズカケノキとアメリカスズカケノキとの交配種。
スズカケノキ(鈴懸の木;スズカケノキ科スズカケノキ属)。ヨーロッパ南東部~アジア西部が原産の落葉高木。プラタナスとも呼ばれる。 ヒトツバタゴ(一つ葉タゴ;モクセイ科ヒトツバタゴ属)。対馬地方、木曽川流域、岐阜県東濃地方などに限定的に自生する落葉高木。 落葉針葉樹のメタセコイア(ヒノキ科メタセコイア属)。アケボノスギ(曙杉)とも呼ばれる。スギの先祖といわれ、全国各地の公園木、並木などに使用されています。幹が直立し、凛として天に伸びるような見事な大樹の姿が目を引き、四季を通じて美しい。現在、褐色の紅葉が始まっています。
カジカエデ(梶楓;ムクロジ科カエデ属 )。宮城県以南の本州、四国および九州に分布する落葉高木。オニモミジの別名あり。 ヨーロッパカエデ(ムクロジ科カエデ属)。ヨーロッパから西アジアに分布する落葉高木。欧州の街路樹に多く見られる。 日本固有種の落葉高木ハナノキ(花の木;ムクロジ科カエデ属)。長野、岐阜、愛知の県境地域にのみ生える。 ハゼノキ(櫨の木;ウルシ科ウルシ属)。関東以西~四国、九州・沖縄、小笠原諸島に自生する落葉小高木。
代表的な夏の花木サルスベリ(百日紅;ミソハギ科サルスベリ属)。中国原産の落葉中高木。秋の黄葉も美しい。 シマサルスベリ(島百日紅;ミソハギ科サルスベリ属)。沖縄、奄美諸島などの亜熱帯地方に分布する落葉高木。 アキニレ(秋楡;ニレ科ニレ属)。東アジアに分布する落葉高木。春に開花する種類が多いニレ属の中でも珍しく秋に開花する。 中国原産の落葉小高木ニッサボク(ヌマミズキ科ヌマミズキ属)。秋の紅葉は美しく、欧米では街路樹や庭園樹に用いられる。
落葉高木コブシ(辛夷;モクレン科モクレン属 Yulania亜属)。早春に白い花が咲き出し、春の訪れを謳歌するかのようです。 セイタン(青檀;アサ科セイタン属)。中国安徽省の宣州に自生する落葉高木。良質な書画紙の原料となる。 北海道から九州の日本海側に多く分布する落葉中高木のカシワ(柏;ブナ科コナラ属)。春に新芽が出るまで枯葉が枝に残る。 モミジバフウ(紅葉葉楓;フウ科フウ属)。北米~中南米原産の落葉高木。葉の形がモミジに似る。秋に美しく紅葉する。
(木の実)
中国原産の常緑低木ナンテン(南天;メギ科ナンテン属)。6月頃、枝先に白い花が点々と咲き出す。晩秋には赤い実を付ける。 クロガネモチ(黒鉄黐;モチノキ科モチノキ属)。関東以西~沖縄の山野に生える常緑高木。晩秋に赤い実が樹木全体につく。 タラヨウ(多羅葉;モチノキ科モチノキ属)。静岡県以西~四国、九州に分布する常緑高木。秋に小さな球形の赤い実が付く。 東北地方南部~沖縄まで分布する常緑高木モチノキ(黐の木;モチノキ科モチノキ属)。晩秋には赤い実を付ける。
関東地方~九州、南西諸島に分布する常緑小低木センリョウ(千両;センリョウ科センリョウ属)。葉上に赤く熟した果実(核果)をつける。 北海道から九州まで分布する落葉つる性木本のツルウメモドキ(ニシキギ科ツルウメモドキ属)。秋に果実が淡黄色に熟し、裂開すると中に種子が現れる。 北海道~九州の山地に分布する落葉低木マユミ(真弓;ニシキギ科ニシキギ属)。ピンク色の果実の殻で、まるで枝から垂れ下がる花のように見える。 九州や沖縄に分布する常緑高木ヒゼンマユミ(肥前真弓;ニシキギ科ニシキギ属)。諫早地方で発見され、故牧野富太郎博士が命名。
中国及び朝鮮半島を原産とする落葉小高木のサンシュユ(山茱萸;ミズキ科ミズキ属。)。枝先に赤い実とともに冬芽が付き始める。 南ヨーロッパ原産の落葉小低木ナツメ(棗;クロウメモドキ科ナツメ属)。果実は球形の核果で中に1個の種子が入る。 本州~九州に分布する落葉低木コクサギ(小臭木;ミカン科コクサギ属)。花の後にできる実は四つの分果に分かれ、秋に熟す。 ミヤマシキミ(深山樒;ミカン科ミヤマシキミ属)。本州~九州に分布する常緑低木。やがて果実(核果)が赤く熟す。
このほかにもアーカイブ写真あり → 2021年11月 (archive)
 
    
 丸の内行幸通り周辺の風景
丸の内の行幸通り周辺の風景です。皇居方面から東京駅へ続く行幸通りの両サイドの街路樹のイチョウ(銀杏)の木の黄葉が見頃になっています。奥の正面が東京駅です。 後方はパレスホテルです。屋上付近が工事中になっています。 行幸通りの和田倉交差点付近。右が皇居、左が東京駅になります。
皇居外苑地区の一角に広がる和田倉門噴水公園の風景。虹が出る噴水やオブジェ、紅葉するケヤキ並木などが楽しめます。ケヤキ並木の後方に皇居の建物(桜田二重櫓など)が見えます。 噴水公園に沿った歩道をみんな散歩を楽しんでいます。
和田倉交差点を通る日比谷通りの街路樹。イチョウ(銀杏)とシダレヤナギ(枝垂れ柳)のダブル配置になっています。 和田倉門噴水公園に隣接する皇居外苑に生えるハナノキ(花の木)は黄葉が進んでいました。木頂付近は紅葉が見えます。
 
 << 2021年10月 | 2021年11月 | 2021年12月 >> ブログ2021年11月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可